読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身OLとフェレット

独身OLの日常。フェレット飼ってます。酒とか旅行とか好きです。

「お気に入り」になり得る4つの要素*今週のお題

今月、お気に入りのストールをなくしました。

その補てんに買ったストールを、初回使用時になくしました。

どっちも外で風に舞ったようです。

 

私が双葉です。

 

今週のお題「お気に入りの一着」というテーマですが、「20歳」や「今の仕事を選んだ理由」に比べると投稿スピードがゆっくりしているようですね。

かくいう私も、「どういう切り口で取り上げよう」と悩みながら書き出しています。

 

「お気に入り」といってもいろいろありますよね

 

一人暮らしのクローゼットの中や、実家に置いてきた服のことを思い出すと、私の「お気に入り」は大体下記の4つに分類できるような気がしました。

 

  1. マイブーム系:短期間で使用する頻度が高い
  2. ヘビロテ系 :長く愛用している
  3. 一張羅系  :このシーンで着るべき一着はコイツしかいない
  4. 思い出系  :思い入れがある

 

みなさんの記事をちゃんと読んでいないのですが、一番語られていそうなのは4かなと推察します。(あとで答え合わせしに行こう)

 

では、私の手持ちの服をご紹介します。(写真なし)

 

 

 

1.使用頻度が高いのは、「買ったばかりのシーズン服」一択

 

今シーズン着る用に買った「おニューの服」が、なんだかんだで一番着ている気がします。

マイブームとしての「お気に入り」ですね。

 

なお、その頻度は異常です。

その服を着てあったことがない友人と会うたびに、下手をすると毎週末同じ服(もっというと同じコーディネート)の服を着ていたりします。

 

服の痛みも早くなるし良くないと思うのですが、それよりデメリットとして働くのは「遊んだよ♡」なんてSNSに投稿するタイプの友達だった場合、「あいつ…また同じ格好してね…?」となってしまいがちなことです。

 

なので、同じような服を頻度高く着る場合には、共通の友人がどの程度いるか、SNSに自撮り写メの投稿♡をするタイプかどうかはよく選定しましょう。(私だけでしょうか)

 

2.長く愛用しているのは、ベーシックなデザインか、ど個性のあるものか

 

インナーや小物に多いのは、「ベーシックで使いまわしがきく」ので長いスパンをかけてヘビロテ化していくパターンです。

これなんにでも合わせやすい。ってやつです。

ダメになる前に似たものを買おうとするのですが、案外「襟ぐりの広さが…」「素材が…」のように、ぴったり同じものを見つけるのは困難であったりします。

 

で、逆に「このデザインはもう出てこないだろう…」というタイプのお気に入りも、大事に長く使うことがあります。

柄物とか、変わったデザインで一点ものに近いやつとか。

この辺は個人的にはワンピースとかが多いですね。

 

なお、失って一番ダメージを受けるのはこのタイプの服と思われます。

(失いやすいという意味でもある)

 

3.いろいろ一張羅系

 

kotobank.jp

 

「もっとも良い」かどうかは謎ですが、結婚式の二次会用とか、きちんと系はここに集約されるかもしれないです。

そもそも着るシーンが少ないと、種類も増えていかないので自然と「きちんとした場面ではこれ」と固定化されていくケースが多いですね。

 

例外としては、この手のアイテムも含みます。

 

f:id:mikan0w0:20160130120026j:plain

 

ゴスロリとかそういうのですね)

 

かつては私服として街を闊歩したこともありましたが、今はハロウィンですとかそういうシーンで「衣装」として活用される程度です。

本職の方ごめんなさい。

 

 4.思い入れがある系の一着

 

「あの時着ていた」とか「あの人にもらった」とか、「もう着ないし着られないけど、捨てられない一着」はここに属します。

学生服とかが結構当てはまりそうですね。

 

母も、弟が保育園で着ていた体操服を思い出として取っておいてました。

男女差はわかりませんが、洋服などに思い入れがあるのはイメージ的には女性の方が多そうな気がします。

 

以上、お気に入りの一着についてでした。

 

服について語った?語ってないような?気がしますね?

 

お気に入りのストールをなくしたときはかなりつらかったですが、また新しいお気に入りに出逢えることを願います。

パリジェンヌのようなオシャレ女子(※女子)に!私はなりたい!(なれない)

 

おしまい。